裏モノ探険隊:一風堂へ戻る




「懐かしき自販機エロ本」     −もし商品が出てこなくても文句よう言わんよね。 




読者隊員:ダイ様の投稿レポート    (読者投稿TOPへ戻る


 ああ・・懐かしきエロ本販売機・・今となってはコンビニでも、携帯でも手に入る時代ですな。
俺もエロ本自販機には色々な思い出があります。生まれた街は、割と治安が悪く
やくざ屋さんも盛んなところでした。(一度事務所に連れ行かれたことあります・・涙)
ですので、昔はエロに関してもオープンでした。結構な街なのに、いたるところに
エロ自販機やアダルトグッズなんぞ売ってる店があるのです。
青少年は変態街道まっしぐらですわ。

あれは、中学の入りたての頃です。まだ、具体的にエロスを知らず、親父が借りてくる
エロビを漁るような純朴な少年でした。(オナはしちゃってましたけど)
そして、深夜になれば、大人の絵本・・ギルガメッシュ・・なる番組を日々研究する
しかなかったのです。そりゃもう、画面に釘付けですよ。ヘッドホンも必須です。
今でも飯島愛のTバックは忘れられません!!
しかし、当時の僕はひとり立ちしたかった・・!!永遠なる旅路への準備も用意していました。
そう・・エロ自販機VS中坊です!いや、近所のおばちゃんVS子供、とも言えます。
当時は地理もよく分かっていなかったので、一箇所しか知りませんでした。そこは、一般家庭に
隣接している超最前線です。後ろには道路、左右には一般の家、散歩道まで近くにある有様です。
警察が検挙するためか?!と思うほど、買いにくい場所です。
でも、そこしかなっかったんです!行くしかなかった!全財産2000円を小銭にして、
ジャラジャラさせながら帽子をかぶり、チャリで爆走です。
(そこは小銭オンリーの自販機です。しかも500円はダメ)

時は10時を過ぎたところ、車も少なくなり、人の気配もほぼありません。自販機に向かい、
チャリを横付けにし、小銭を銭形平次ばりに迅速に入れる!買いたい本は、『女子高生・淫乱日記』!
1800円!!ということは、一秒間に200円投入できれば、10秒以内に任務を達成できる。
焦るな、冷静に、迅速に・・!と、自分に言い聞かせていました。よし、あと400円だ・・と、
そのとき車のライトが遠くから光った!と、同時に焦りで手元から小銭を暗闇の足元に
落としてしまった・・!!
急いで、チャリから降りて小銭を拾います。そのとき、サザンの曲を流した黒塗りの
高級車が通り過ぎて行きました。(エリーだったかも・・) ブオォー
少し冷静さを取り戻し、あらためて小銭探し再開です。でも、どうにも暗闇なので見つかりません。
あーくそっと、焦りながらも冷静に自分の情けなさに泣きたくなりました。

そんな俺の肩を暖かく叩く、天使がいるようです。いや、まさか・・そんな幻想だよ、ハハハッ。って、
んなわけあるかい!後ろ振り向いたら、犬連れたおばちゃんがいるでねぇの!
(何秒か見つめ合ったかもしれない)

「どうしたの?こんなところで?」
と、おばちゃん。分かってんだろ!アホ!なんだ?遠まわしのワイセツな発言か!?
「いや・・その、小銭が・・」
ニヤニヤしながら、おばちゃんが
「あらぁ、大変ねぇ。あら、ここにあるじゃない?はい、これ」
しゃがみこんで、下から潤んだ瞳で見つめています。なんだろう、新手の人身売買とか?
俺はここでさらわれるのかな?
「ありがとうございます・・」
と、そこで、チャリに即効で乗り、猛ダッシュで逃げました!また、ワープですよ!

ああ・・俺の小銭たちが自販機に・・あぁ俺の魂が・・。
たぶん、おばちゃんは普通の接し方だったと思います。いま思えば。
俺は別の次元に飛んでいましたからね。エロとフュージョンです。でも、そこでめげる俺ではないのです。
少し時間を置き、再び戦場へと向かいました。周りを確認して近づきます。
・・・涙。やっぱりね。大人っていやらしいや。小銭が見事に自販機から消えてるよ。
あのおばちゃんだろうな・・犬のクソは放置で、1400円もゲットしやがった!
あのときの痛みはしっかりと残っています。その反動のせいか、立派な変態になりました。
大学の時は、教授にお墨付きももらったくらいです。

成長って、後悔の繰り返しなんですよね。後悔するように人間ってできてます。
理性を得た代わりの代償なのでしょう。だから色々な分野が発達するのだと思います。


隊長より:
思い出しました。高校生のときの小さな本屋でのやり取りです。(エロ本2冊購入)
「あらぁ、これはちょっとハードねぇ。こっちはやさしいけど。ねぇ!」(人妻系とエロマンガ)
「はぁ…」
{ねぇ}って答えられるかそんなもん。潰れちまえ、おめぇの店なんか、ったく。(まだあるけど)
ババァは若者によく絡みます。気をつけろ!青少年。
※青少年はこのHPは見てはいけません。
ところで、ヤ○ザの事務所に連れていかれた話も気になります。(聞くのが怖いですが…)


裏モノ探険隊:一風堂へ戻る