「勃起王研究編:1、2、3」    − ダー!



今回の研究は、オナニー1回、ヘルス2回のレポートなのだが、これは同一日に開催された。
別に手を抜いた訳ではないのだ。なぜそんな事になったかと言うと、こんな訳があった。



私は朝起きてすぐに勃起王を誤飲(一応飲用厳禁と謳われているので…)し、28歳人妻の
デリヘル嬢と待ち合わせしている駅前に向かった。(飲んで3時間後くらい)
しかしここで現れたのは化け物だった。
※このいきさつと詳しい内容については、探検編:デリヘルで地雷をご覧下さい。
しかしこの店はチェンジ不可なのでその化け物とラブホにINしたのである。
(チェンジ不可という事を店側に念を押されたので嫌な予感はしました)

明るいところで見た化け物もヤバかったが、個室でふたりきりになると一層ヤバく見える。
部屋に入ると入り口のドアロックがガチャリと閉まる音が聞こえたが、私の耳にはその音が
牢屋の鍵が閉まる音にも聞こえた。私は何とかその場から逃げ出したかった。
{お金は払うから帰ってくれませんか?}何度もそう切り出そうかと思ったくらいだった。

なのに、なのにだ!私はチェックインしてからというもの、痛いくらいに勃起してるのだ。
アンビリーバボーだ。スゴイぞ勃起王!こんな極限な状況で勃起させるとは…。
しかしそんな事を言ってる場合ではない。私はピンチなのだ。

「お風呂入ったよ」化け物が悲しそうな目で僕をみた。そんな化け物オバさんに小心者の
私が何かを言える訳もなくプレイ開始となった。
(生類哀れみの令ってこういう事かな。やっぱ違うだろうね…)

ただしそれ以降はすべて端折らせてもらう。ただ言える事は私は射精したという事だ。(号泣)
このコースは90分なので(長いんじゃボケー)2回プレイOKだ。
2回目もりんりんに勃起しましたよ。でもイケなかった。いや、イカなかったのだ。(意地でね)

時間が過ぎたらそうそうに帰ってもらった。
ちなみに私はフリータイムの制限いっぱいの夕方5時まで残る事にした…。

ひとりにしてくれ。ひとりに…。神様、僕は翼なんていりません。ただ、立ち直る時間をください。
ひとりになった私はオナニーをしました。さっきの出来事を消去したかったのです。
エロビデオを見ながら難なく射精した私は眠りました。そっと、おやすみ。。。。。。。。。


。。。。。。。。30分後目覚めると気持ちが元気になっていた。そうだ!ヘルスに行こう!

おいおい、もう2回出してるのだよ。自分自身の淡白さを忘れたのか?2回イクのだって
珍しい事じゃないか。でもなんか不思議にもう1回イケるような気がするんだよね。
それに違うヘルスに行けばさっきの出来事が完全に過去の産物になるはずだ。そして
それは今日でなければならんのだよ!金八つぁん。


私は向かった!地下鉄を乗り継ぎ、ヘルスビルに向かった。
ここは1番安い7500円の店から15000円の高めの店まであったが、私は迷わなかった。
もちろん1番高い店だ。45分15000円のイメージクラブに決めていた。ここは以前にも
行った事があるのだが女性の質が良い。(ハートのね)お高めなのであまり行かなかったが
今日は、あの化け物の残像を消さねばならんのだから、それを考えれば高くもない。

「今日はご予約ですか?」おっさん店員が顔の筋肉だけを使った笑顔で言った。そのときに
窓口の目立つ場所に怪しい写真が目に付いた。
それはパンツ1丁で右手に免許証を持った若い兄ちゃんと、おっさんなどの写真で、そこには
手書きでそれぞれ、若いメガネ男には{写真盗撮男}おっさんには{激しいプレイ男}と、
書かれてあった。

うーん。こんな大人しそうな顔したアンちゃんが盗撮ねー、でもどことなくだが、まーしーに
似てるような気もするな…。{激しいプレイ男?}なんだそりゃ?このくたびれたオッサンの
どこにそんなパワーが秘められているのだろう?それぞれ罰金50万円徴収か…、
本当にそんな大金払ったのかしら?ホントなら大儲けだね店長。

「フリーですと、2時間待ちになります」と、店員は事もなげに言った。
「それで構いません」
私はあっさりと待つ事にしたが、なぜそんなに気長だったのか良く分からない。
店員も{マジで?}という顔をしたように思う。(気のせいかもしれんが…)
 


1時間くらい経ったころだろうか、マジックミラーに立った女の子を、私の前の客にいた全員が
ハンを押したようにパスしていった。
{なぜだ?}私は不思議だった。あんなに可愛いのになぜみんなパスするのだろう…。
思い出すとこの時の私の眼力はかなり腐っていたのだろう、何しろ午前中に化け物と戦って
いたのだから無理もなかった。当然私には目の前のミラーに写る女の子は天使にも見えていた。
迷わず私は指名した。だってとっても可愛いんだもん。(いま思い出すとブサイクだったかも)

さて、私が選んだイメージコースは夜這いコースだ。つまり女性がアイマスクをして寝ている
ところを客がイタズラしちゃうという光源氏も真っ青な企画である。
(使い古された企画ではあるが中々に萌える。男が責められる逆夜這いコースもある)

私は何度もいうが責め嫌いだ。しかし責めで勃起するかどうかが勃起サプリメントの研究材料の
ひとつでもあり、判断材料にもなるのだ。
様々なコスチュームが用意されている。それを店員に伝えるのだが、密室なのでまわりの客に
聞こえてしまう、だからミンナあたりサワリの無いコスチュームを選んでいく。
OLスーツ。私服、が圧倒的に多い。たまにスッチーも選ばれるがオジサンでセーラー服を選ぶと
微妙にまわりの視線が突き刺さっている。

絶対にみんな妥協しているのだ。根性無しどもめ!
ここはイメクラだぞ、確かに店のシステムも、もう少し改善がなされて妥当ではあるが、自分を
押し殺して何がイメクラだ!そんなこっちゃ風俗王にはなれんぞ、チキン野郎どもめが!

「ブルマで!」
私は高らかに宣言した。まわりの客から羨望に満ちた視線が送られるのがわかる。(勘違い)
私は体操服にブルマが好きなのだ。(僕ちん30代男)私は変態だが変質者ではない。
ただ、何も無かった青春時代を取り戻したいだけなのだ。よって誰にも何も言わせん!!!!

プレイに入った私は勃起していた。痛いくらいに勃起しました。しかも我慢汁垂れ流しです。
やはり勃起王はスゴイ効果を発揮している。
3回目ですよ、3回目!強い人には珍しくないかも知れませんが僕にとって6時間足らずで
3回は奇跡なんですよ。確かに夜這いプレイという多少興奮する要素に助けられてはいるかも
知れませんがとにかく3回放出できたんです。それも無理やりではなく普通にです。
ただ、さすがに放出した精子の量は少ないように感じました。(感覚でね) 



勃起王総括へ (まとめ)


      裏モノ探険隊:一風堂へ戻る